ああ

ホーム ≫ 引越しは、自分でやる場合と業者に

引越しは、自分でやる場合と業者に

引越しは、自分でやる場合と業者にお願いする場合があります。

単身だと、そこまで荷物が多くないため、自分ですることができます。
引越し業者に依頼した時にびっくりしたことは、積み込みに、必要な時間がとても短時間ですむということでした。段取りだけにとどまらず、二人で作業すると全然違いました。
私はその昔分譲マンションでダブルベッドを寝室に配置していました。

とある事情で住居を手放し、狭い賃貸へ移り住むことになったのですが、寝台が大きすぎて部屋に入らないことがわかりました。
泣く泣く知り合いに譲り、無事に棲家の移動を終えましたが、購入した新しいベッドは次に引越した時に配置できないと困るので、シングルを買いました。引越しに際して、電話の契約変更も必要となります。ただし、固定電話ではなく、携帯電話については、各携帯ショップに行って手続きするか、オンラインで手続きするかだけのことで、ほかには必要なことはありません。最近の若い人たちは、固定電話はいらないというパターンがほとんどです。姉が今住んでいるアパートから生まれた家の我が家にまた住むことになりました。作業のため、私と母が、引越の前日に引越の準備の手伝いに行きました。10年住んでいた部屋にふさわしく、不用品の数がめっそうもない事になっていました。
いらないものを売ってしまうと、軽トラの荷台50%ほどになり、たいして苦労せず引越をする事ができました。
本当なら、引っ越す当日の天気は晴天を望みます。万が一、雨が降ったら、大変だと思うのです。そのままでは、何もかもが濡れてしまいます。

机も椅子も、冷蔵庫もです。


雨が降らなかったら、簡単に運べるのに、雨の場合には、シートが必要になります。それは、かなりの労力が必要になるでしょうし、家具や家電が濡れてしまうのも嫌なものです。積年の夢だった一戸建ての家を購入しました。転居の前にそれぞれの部屋にクーラーを設置しなければなりません。
クーラーの数は四つ、なかなかの散財です。

それでも、大型量販店で一度に四つ購入するからとお願いすると、大きく割り引きをしてくれました。



予定していた金額よりも、かなり安くすみました。引越しを業者に要望する場合、ハンガーに下がっているコートなどの服をその前に外して畳んだりしておくことは必須ではありません。業者がハンガーがかけられるでかめの段ボールをお持ちになられて、それに入れたまんま、トラックで運送してくれます。シワもくっつかないので、助けになります。



私が住み替えたアパートはペットが飼育できないアパートです。
でも、最近、お隣から猫の鳴き声が確認できるように感じました。
大家さんもそれを承知しており、幾度も苦言をていしたようですが、「飼養していない」の言葉だけだそうです。引越しで必ずおこなうガスの解約は、退去日より相当前から申し込めるので、迅速にネット等から申し入れしておく方が正解です。

しかし、引越し当日に立ち会いを必要とすることがあるので、時間を何時にするかに注視するようにしてください。



引っ越しそのものは嫌いでもなくむしろ好きなほうなんですが、国民健康保険など諸々の住所変更など、わざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きをしなくてはいけないところが、面倒に思います。
こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、ネット上で時間の空いたときにさらっと自宅で済ますことができるようになれば助かるのにな、と思ってしまいます。
ページトップへ

Copyright (c) 2014 ああ All rights reserved.