ああ

ホーム ≫ 本当なら、引越しの日は晴れてほしいで

本当なら、引越しの日は晴れてほしいで

本当なら、引越しの日は晴れてほしいです。もしも、雨が降ったら、大変なことだと思うのです。そのままだと、すべて濡れてしまいます。テーブルもチェアーも、冷蔵庫もです。
雨が降らなかったら、簡単に運べるのに、雨が降ったら、シートをかけないといけません。

それは、随分と手間になるでしょうし、家具や家電がベタベタになるのも嫌です。引越しをしようと思うと、大量の荷物を入れた段ボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんと共に家具を運搬したりと大忙しです。しばらくそうやって頑張って動いていると、手のひらは真っ赤になります。業者さんの手はというと、しっかりと軍手がはめてあります。業者に頼むとしても、自分用の軍手が必要だなと思います。
引っ越しのための準備作業は、面倒で煩わしいものです。

片付けは慌てる必要はないものの、準備は引っ越しの当日までに終わらせておくべきです。怠け者の自分は、いつ準備に手をつけようかと考えてはみるものの、結局ギリギリになって慌てて作業し始める性格です。引っ越しして一人暮らしを始める時には、単身用のサービスを利用する方がお得になる場合が多いです。

もしも、サイズの大きい家具や家電を新しく買い揃えるならば、引っ越し業者にお願いをしなくても、引越しができるかもしれません。また、一人暮らしの女の方だと、近所の方への、挨拶回りは差し控えた方が安全な場合もあります。



引越し業者から指示されると思いますが、引越しの前日には、引越し時に持っていく冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。なぜかというと、冷凍庫についた霜を溶かして、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことが可能になるからなのです。

前もってこうしておうことで、冷蔵庫を運ぶ際に、他の荷物や床などをぬらしてしまうことを防げるのです。


引越しで必ずおこなうガスの解約は、退去する日よりずいぶん前からお願いできるので、忘れないよう計画性をもってネット等から申告しておく方がおすすめです。

しかし、引越し当日に立ち会いを必要とすることがあるので、時間帯の決め方に注視するようにしてください。


引越しのみに限らず、仕事をきっちりとやれる人は、段取りが巧みだと言われます。

引越しを行う場合、どれから順に積むかどの物をどんな感じで収納するか等、案外頭を使う作業なのです。そのため、引越し業者の鮮やかな段取りのよさに惚れ惚れした経験のある方も多いと思われます。数年ほど前、パパの転勤のために引越すことになりました。
主人、私、共に実家暮らしで、引越ししたことがありません。経験がないながらにやれるだけ安くやろうと自分たちで梱包することにしました。
段ボールとガムテープは、業者が用意してくれたものを使ったのですが、他に必要なものは、新聞紙でした。割れ物の包み用、緩衝材として役に立ちました。

家を引っ越すときに、理解しておかなければならない事が、いろいろと必要な手続きです。
地元の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も不可欠です。
とりわけガスは立ち会わなくてはいけないので、早急に手配してください。その他に、通帳や自動車運転免許証等の住所変更手続きもなるべく早く済ませておいた方がいいです。転居で必要なものは空き箱です。細かいものもきちんと整理して段ボールに入れれば、転居の作業時間も減少し、引越し業者も助かります。段ボールは引越し屋がサービスでくれることも多数ですので、見積もりを依頼する時に確かめるべきでしょう。

ページトップへ

Copyright (c) 2014 ああ All rights reserved.